毎日出るごみを資源として利用してみましょうよ。

暑いなと思って飲むものは麦茶が多いのですが、毎日毎日出がらしの使用済みパックがが出てくるのが気になって何か活用出来るものがないかと思って調べてみました。
活用箇所はキッチンです。夏の間は水回りからハエが発生しますよね。ある検査によると、ペットボトルのキャップ一杯分でもハエが発生するようです。
そんなことを防ぐためにも手軽な方法を紹介したいと思います。キッチンの排水溝や三角コーナーのにおい取りに使用済みの乾燥させた麦茶パックを置いてみてください。お茶の成分が消臭してくれます。
もう一つはキッチンのガスコンロや食器のお掃除です。お茶ッパには油分を分解する効果があります。なので、油がこびりついた食器や魚焼きグリルにフライパンなどはパックのままでふき取ってみてください。ポイントは湿ったままの麦茶パックを使用することです。これにより、油分を分解して、洗剤で洗ったときにべたつきが残ったりすることを防ぐことが出来ます。頻繁にでる出がらしを活用してみてはいかがでしょうか。