お墓について最近私はこんな風に思います。

父が2年前に亡くなりました。父は生前人間嫌いでした。なので、お葬式も家族葬でした。生前、亡くなったらお葬式もお墓もいらないから、海に散骨してほしいと言っていました。母が、父の言うとおりに、散骨をしました。お墓も作らず、仏壇は小さいのを買って、散骨の時に遺灰を少しだけとっておいて、仏壇においています。位牌を作らなかったので、その代わりみたいなものです。生前ほとんど神様・仏様を信仰していなかったので、普通の人がやるような一般的な事もやりませんでした。なので、これでいいのかなあと思います。私は結婚してから、結構旧式な考えの家に来てしまったので、最初は抵抗あったけど、いろいろやりました。お盆の儀式とか、お墓詣りとか。おかげでいろいろ覚えて良かったです。最近思うのは、お墓お墓と心配しても、結局いつか遠い未来にはそのお墓も風化して無くなってしまうという事です。だってそうじゃなければ、人間の歴史始まって以来の全ての人のお墓が全部残っていたら、地球上はお墓で埋め尽くされてしまうでしょう?